カルト支配 自民党

カルトによる政治支配を脱する時

いやー凄いっすわ、旧統一協会。

日々Twitterに流れてくる情報を見てるだけでも自民党と完全に組織的に関わってるのが分かるし、最大与党の議員連中に巧妙に入り込んで、金と票にしか関心のない自民党を中心とする壷議員たちが無視できない存在になってしまっているのがほんとよく分かる。

 

そして安倍氏と統一との関り。

安倍元首相が教団の「天敵」なんてことを言う馬鹿もいるが、ソウルで開かれた旧統一教会の大規模イベントで安倍氏が追悼されたっていうニュース、これ見たらどんなに統一側にとって安倍氏が利用価値の高い人物(だった)かがよく分かるし、こんな人物を国葬などと言うのは冗談だけにしておいて欲しいものだ。

引用:https://news.ntv.co.jp/category/international/4563da6b97884957a1b6916c814754b6

 

無償で秘書を提供され、選挙応援で集票マシーンになってくれ、統一の組織票を安倍氏が差配して候補者を助けてたっていうし、きっと安倍氏や自民にとっても旧統一協会はなくてはならない組織だったのだろう。

 

なくてはならない組織だからたとえ世間一般が“危険な反社会的カルト団体”という認識だとしても、自民党にとっては大した問題ではないらしい。

岸田首相は内閣改造で壷議員を一掃するかと思いきや、新内閣になっても関係ある議員が複数名いるようだ。

 

岸田首相が旧統一協会と自民党、反社カルトと政治の問題に本気で取り組み、国民の批判に少しでも真摯に向き合うつもりがあるのなら、徹底リサーチした上で関係ある議員は一掃できたはず・・・。

と思ったら岸田氏自身も関係あるのか、そりゃ一掃できないはずだ(笑)。

 

それにしても旧統一協会が恐ろしいのは、日本だけでなく、アメリカの共和党などにも深く入り込んでいるという事実だ。

世界平和統一家庭連合、旧統一教会の関連団体が、ソウルで開いた国際会議では、安倍元総理を追悼するセレモニーを行いました。

そこではアメリカのトランプ前大統領がビデオメッセージを寄せ、教団の総裁を称賛しました。

こうした中、アメリカ統一教会の元幹部が、トランプ氏だけでなく、ブッシュ氏やレーガン氏も、教団から支援を受けていたと証言しました。

(中略)

そこにはアメリカのポンペオ前国務長官の姿もありました。

さらに、この人も・・・

司会者
「ドナルド・トランプ~~」

そのトランプ前大統領は、ビデオメッセージで・・・

引用:https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/123317?display=1

 

アメリカ統一教会元幹部 アレン・ウッド氏
「レーガン・ブッシュ親子・トランプ、その全員が統一教会の大々的な支援を受けました。父親ブッシュは、『統一教会の信者等がいなければ、選挙での勝利はなかった』と発言していました」

また、大物政治家がイベントに出席したり、メッセージを送ったりする際には、多額の報酬が支払われていたといいます。

「ブッシュが大統領の任期を終えて韓国に講演に行ったときは1回のスピーチにつき100万ドル(約1億3千万円)を支払いました。レーガンにも1回100万ドルを支払いました。この金は洗脳されて奴隷となった若者たちから巻き上げたものでした」

引用:https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/123317?page=2

 

ハッサン氏は、集会へのトランプ氏の登場は、一般に「ムーニー」と呼ばれる統一教会が「決してフリンジではなく」、「現代の共和党の権力構造に積極的に織り込まれている」ことの証拠でもあると述べた。

「ほとんどの人は、ムーニーズについて聞くと、『なんてクレイジーなカルトだ!』と思います」とハッサンはツイートしました。「これらの人々が気付いていないかもしれないのは、このカルトが現代の共和党とどれほど絡み合っているかということです。」

ハッサンは、5月のムーニーのイベントには、マイク・ペンス元副大統領、マイク・ポンペオ元国務長官、マーク・エスパー元国防長官、ニュート・ギングリッチ元下院議長など、共和党の指導者も何人か集まったと指摘した。

引用(翻訳):https://julieroys.com/trump-moonie-event-cult-expert-church-interwoven-gop/

 

ハッサン氏はまた、自身のウェブサイトで統一教会のメンバー時代にした体験を語っているが、統一教会がニクソン政権時代からアメリカの政治に食い込もうとしていたことがわかる。

「1974年、私と350名のムーニーズ(統一教会の信者のこと)は、ウォーターゲート事件の時、ニクソン大統領への忠誠心を示すため、議事堂の階段で72時間祈りを捧げ、断食をした」

引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20220712-00305217

 

旧統一協会の関連イベントでは安倍氏(昨年)だけでなく、トランプ前大統領、ポンペオ前国務長官といった共和党の大物政治家もメッセージを寄せており、そのために多額の報酬が支払われていたようだ。

その報酬の原資のほとんどは、日本で洗脳した信者から収奪した資金なのだろう。

ニクソン政権時代からアメリカ政治に食い込もうとしてきたようだが、アメリカ国民はこういった事実について、また共和党の幹部が旧統一協会のイベントにメッセージを寄せていたことについてあまり問題にしていないのだろうか?

ひょっとしたら日本から多額の資金が反社会的なやり方で収奪されていたことを知っているアメリカ人は少数なのかもしれないし、自民党の政治家同様、アメリカの政治家も重要な資金源かつ集票組織ということで旧統一協会の反社会性には目を瞑ってきたということなのかもしれない。

いや本当、日本からの物質的金銭的な収奪を行うことを教義としているこういうカルトに世界最大の権力を有するアメリカ政治における二大政党のうちの一つが浸食されているというのは恐ろしいことだ。

しかしもしかするとこれはアメリカと日本以外にも広がりを見せる問題なのかもしれないし、今後は世界規模で壷議員を炙り出して政治から追い出すべく世界的な一大ムーブメントにしていかないといけないことなのかもしれない。

日本とは違い民主主義が根付いているはずのアメリカですらカルトが政治に入り込んでいるという現実。

それは単に選挙に行く人が増えればいいということではなく、国民はこの問題にもっと関心を寄せ、政治とカルトとのつながりを断ち切るよう、政党や政治家に働きかけていく必要があるということを意味しているのではないだろうか?

できれば政治に入り込む前に“反社会的”と認定された宗教団体には解散命令を出すのが望ましいだろう。

 

しかしそれが難しく、新たな法規制も進まない、内閣改造でも繋がりを断てないというのなら、もはや国民が壷議員を選挙で落選させるしかないだろう。

この際なので、メディアも国民も統一協会ほどではないにしても、極端に右翼色が強い日本会議や神道政治連盟、そして創価学会の問題点にも関心を寄せて欲しいものだ。

https://twitter.com/yoshinon/status/1558959664183869441?s=20&t=zQplHc3XzcNadWYnNrHxcA

 

今回は多くの人がそのやばさを認識しているカルト団体による与党政治家への浸食ゆえにこれだけ話題になっているわけだが、極端な思想、過激な思想と権力との結びつきというのは非常に危険性が高い。

政治家がそうした勢力に支配されたままで自浄能力を発揮できないというのなら、やはり国民が選挙で浄化するしかない。

岸田さん、内閣改造じゃなくて内閣総辞職、衆院解散総選挙ですよ!

 

 

 

 

© 2022 自由を保守したい人のブログ Powered by AFFINGER5